Table of Contents

セットアップ方法

コンパイルが完了したら、WebサーバのDocumentRoot配下に配置します。

Starbug1の配置

Webサーバ(動作確認しているのはapache)のDocumentRoot配下に dist/starbug1 ディレクトリを配置します。下の例は、/var/www/ をDocumentRootとした場合です。

$ su
# cp -r dist/starbug1 /var/www/

(インストールディレクトリ)/starbug1 配下をcgi実行ユーザの権限に変更します。

# cd /var/www
# chown -R www-data:www-data starbug1

Webサーバに合わせた設定ファイルを適切に編集します。(以下はapache用設定です)

.htaccessによる設定がありますので、apache側で.htaccessを許可するよう設定して下さい。(AllowOverrideディレクティブの変更) <Starbug1をセットアップしたディレクトリ>/.htaccessというファイルで、各設定を適切に行なってください。 Apache以外のWebサーバで運用する場合は、それぞれのWebサーバに合わせて同様の設定を行なってください。 apache用の設定ファイルは、dot.htaccessという名前で存在していますので、.htaccessへリネームしてから、編集を行なって下さい。

$ cd <Starbug1をセットアップしたディレクトリ>
$ cp dot.htaccess .htaccess
# エラーページの指定
ErrorDocument 500 /starbug1/error.html
# CGIの実行許可
AddHandler cgi-script cgi
Options +ExecCGI
# 初期ページの設定
DirectoryIndex index.cgi
 
# 一般ユーザの認証についての設定
<Files index.cgi>
    AuthName      "authentication for guest user."
    AuthType      Basic
    AuthUserFile  /etc/starbug1/.guest-passwd
    Require       valid-user
</Files>
 
# 管理ユーザの認証についての設定
<Files admin.cgi>
    AuthName      "authentication for administrator user."
    AuthType      Basic
    AuthUserFile  /etc/starbug1/.admin-passwd
    Require       valid-user
</Files>
# 隠すファイルやディレクトリ
<FilesMatch ".*">
  deny from all
</FilesMatch>
# 見せるファイル
<FilesMatch "(^$|\.cgi$|\.jpg$|\.png$|\.gif$|\.css$|\.js$)">
  allow from all
</FilesMatch>

URLを適切に指定してください。アプリのフォルダ名(starbug1)を変更した場合は、エラーページの指定のURLを変更してください。

不要であれば、コメントアウトしてください。

不要であれば、コメントアウトしてください。

Basic認証を使用する場合、htpasswdなどでパスワードファイルへのユーザの登録を行なってください。 一般ユーザと管理ユーザの設定を別々に行なう場合は、両方を正しく設定してください。不要であればコメントアウトしてください。 httpd.confを編集できる場合は、同等の設定を、httpd.confで行なう方が望ましいです。

http://www.example.com/starbug1/index.cgi にアクセスします。(www.example.comはインストールしたサーバ名に変更してください)

トップ画面が表示されれば、インストール成功です。